ご挨拶

築地の天然鮭専門店、昭和食品は、日本全国に出回る鮭の中から特に質の高い鮭を選りすぐり、1尾1尾をお客さまのもとへお嫁に出すようにお届けしております。
時鮭紅鮭秋鮭を中心に、江戸時代からの製法で懐かしまれる「南部鼻曲がり」や「村上の塩引き」、塩が噴き出すほど辛い「超辛口紅鮭」など、他ではなかなか手に入りにくい品も揃えておりますので、ぜひ、ご賞味ください。

実店舗について

「鮭の店 昭和食品」は、築地で最も賑わう“中通り”の中ほどにあります。
築地は昔、本願寺の寺町で、関東大震災後に日本橋から築地に魚河岸が移転し、市場街となりました。当店は、築地で修行をして鮭屋を興した初代が、この地で江戸時代から続くお寺の門前に店を構えてから六十余年、2代目、3代目と鮭一筋で今日まで暖簾を引き継いでおります。

築地の鮭屋といえば、昔は軒を連ねるほどありましたが、近年少なくなり、築地で天然鮭といえば「昭和さん」とご紹介いただくようになりました。

店舗では、初代の頃から変わらず、毎日入荷する鮭を量って値付けしており、種類や目方に応じて一尾一尾、値段は全て異なります。「建時」や「鮭児」など、稀少品も、お客様の注文に応じて産地から荷を引きます。 来店のお客様には、目で見て選んでいただき、店頭で手切りしてお渡ししています。ルイベ用や切り身の厚さなど、切り方の注文もお伺いします。

早朝のお客様は、プロの料理人や目利きです。
午前9時を過ぎると、日本全国、海外からも鮭を買い求めに来られる一般のお客様で賑わい、お持ち帰りや発送を承り、午後3時頃、店じまいとなります。
かつては鮭の一尾買いがほとんどでしたが、核家族化・個食化が進み、今では店頭で、切身一切れから販売しております。

また遠方の客様には、電話やFAX注文により、宅配(ヤマト便:料金別途)で日本全国どこへでもお送りしております。海外へお持ちの方へは、真空包装などいたします。

小さなお店ですが、ベテランのスタッフ・職人が力を合せて鮭を販売しております。お客様お一人お一人と、何十年も続くお付き合いをさせていただければと願い、精進してまいります。
電話番号 03-3542-1416 
営業時間 6:00〜15:00
FAX番号:03-3542-1416 24時間受付

ホームページで販売を始めた理由

このサイトは、築地の当店で一度お買い上げいただいたお客様、検索等で当店を知っていただいたお客様、双方のお役に立つ事が出来ればと、運営しております。

築地へ来るには、貴重な時間を割かねばなりませんし、電車賃もバカになりません。
サイトでは24時間、ご注文に応じていますので、都合の良い時間帯にPC・スマホでゆっくりお買い物をお楽しみください。

初めての方には、当店の代表的な鮭の10切セットをラインナップしておりますので、お好みに応じて、まず一度ご購入下さいませ。 気に入っていただき、再度ご希望の際は、量や組み合わせを変えてお取り寄せ可能です。また可能な範囲で築地市場内の他店の御用聞きも承ります。

細かい注文や、ご不明な点があれば、
お電話(03-3542-1416  6:00〜15:00)
あるいは当サイトの「お問合わせ」から、何なりと遠慮なくご連絡ください。
*業務用の方も、電話または「お問合わせ」からご連絡ください。

会社概要


社名:有限会社 昭和食品

業務内容:天然の塩鮭販売、水産加工品製造販売

創業:昭和25年頃創業(設立平成5年)

販売責任者:取締役社長 佐藤 友美子(サトウ ユミコ)

住所:104-0045 東京都中央区築地4-13-14

電話番号/FAX: 03-3542-1416

HP: http://tsukijisalmon.com/

メール: tsukijisalmon@gmail.com

営業日・時間:平日 6:00〜15:00
      :日祝日 8:00〜15:00
*年始の1月1日〜4日は休業日です。


お支払方法:
1)代金引換(クロネコヤマトのコレクト便)*注文者様への配送のみ
2)ゆうちょ銀行への振り込み*注文者様への配送でも他の方への配送でもOKです
3)コンビニでの支払い*注文者様への配送でも他の方への配送でもOKです
商品配送について:
ヤマト運輸の宅配便で発送致します。
在庫品に関しては注文後3営業日以内に発送させて頂きます。
商品によって3日以内に発送出来ない場合は店舗より連絡致します。
尚、返品・交換は不良品でない限り原則としてお断りさせて頂きます。
*業務用については即日配送のトラック便がございますので、ご相談ください。

“鮭の店 昭和”が選ばれる3つの理由

1)天然の鮭を、おすすめしているからです

昔は塩鮭といえば、日本の川から大海に下り、大人になって母川に帰ってきた鮭を塩で漬けたものを指しました。戦後、養殖技術が発達し、鮭を生簀で育て身に脂をのせたものを安定供給するのが当たり前になりました。今や、流通している鮭類の多くは養殖もので、養殖は、いつでも一定の品質を保つことができるという利点があります。

片や天然物は、天候など自然のサイクルで、獲れたり獲れなかったり、また、獲れる場所や時期により、太っていたり痩せていたり・・・。品質は常に一定しているわけではありません。

ただ魚というのは、本来そうしたもので、ほんとうに美味しくて飽きないのも、天然物であると確信しております。 昭和食品は、様々な自然現象に沿って生きる天然の鮭を選りすぐって、皆さんにお薦めしたいと考えています。

2)築地の店で一尾づつ、切ってお渡ししているからです

魚の良し悪しは、切ってみなければわかりません。
加工場で切って、パックして、運ばれたものを売るなら、築地でなくても鮭屋はできると思います。

当店は、この築地で全国から集荷した鮭を、現場で選んで、店頭で切って、お客様に直接お届けすることで、信頼していただいております。

常により良い鮭を探し集め、売った鮭に責任を持ちます。

3)鮭のことなら、なんでもお話しするからです

例えば……
現代では乱獲を防ぐために、減れば獲らずに漁を休んで、増えてきたら再び獲る。絶滅を防ぐために、そのような試みもなされています。

時には、お気に入りの鮭が手に入らないかもしれない…。
そんな時は、楽しみに待っていただければと思います。

自然とは良くしたもので、鮭には様々な種類があります。
天然の鮭それぞれに特徴があり、それぞれに美味いのです。
お客様のお好みを伺って、今、いちばんと思う鮭をお届けします。

鮭に向き合う佐藤社長のポリシー

私は目利きでありたい
目利きとは経験則。
私佐藤は30年鮭を見て、これならと思う鮭を選べるようになりました。

築地は、魚の目利きがしのぎを削る場。
鮭を見る目を、さらに鍛えられる日々です。

私は職人でありたい
昨日よりは今日、今日よりは明日、
もっと上手く切りたいと願う気持ちが、技を上達させる…。

築地にはたくさんの職人がいて、
彼らの包丁を握る姿を見て、そう学びました。

私は商人でありたい
築地の古い暦に、こう書かれています。
「先々の 時計になれや 小商人」

季節ごとに入荷する鮭をお届けすることで、
皆様の暦になりたいと思います。

私は鮭を追い求める旅人でありたい
うまい鮭が北にあると聞けば、飛んでいき、
珍しい鮭が東にあると聞けば、追いかけていきます。

鮭の産地で学ぶことは多く、
産地の知己が多いほど、優れた集荷ができることは、間違いありません。

私は台所に立つ一人の女性でありたい
店に鮭が届き、荷をあけるとき、とてもワクワクします。
すばらしい鮭を手にすると、ドキドキします。

こんがり焼けた鮭を、「美味い!」と、褒められることが一番の幸せです。
お客様と同じ視点を、常に持ちたいと思っています。