北海道産秋鮭(10切)


伝統の国産秋鮭



北海道を代表する鮭。大衆的・伝統的な日本の味です。

当店の創業当時、12月ともなれば秋鮭を山に積みあげ、声高らかに「鮭はいかが?」と叫んだものでした。それが築地の暮れの風物詩でもありました。当時は帰郷する方々が土産にと、一尾丸々荒縄で結えて油紙で包んだ鮭を買って帰り、故郷の軒に自慢気に吊るしたそうです。

日本の川に遡上する魚が秋鮭です。当店の秋鮭は北海道産。北海道の川で生まれ、大海に出てオホーツクからベーリング海へ向かい、夏季は北へ、冬季は南へと弧を描くように4〜5年回遊し、大人になって再び故郷の北海道に戻る、これぞ “日本の鮭”  です。

旅を生き抜いた強い雄魚たち

鮭は、一尾が約3000個もの卵を産みます。産まれた瞬間から卵は鳥や小魚に狙われ、稚魚になっても襲われ、大海ではサメなどの大魚やオットセイ等に食べられ、回帰率はわずか数%!
生涯に泳ぐ距離は、なんと数千キロ。強く生き抜いた魚の中でも、しなやかな筋肉と適度な脂をもち、外敵に襲われた傷のない逞しい雄だけを、漁獲した中から選別しています。

毎日食べても飽きない、秋鮭

運動能力の優れた雄鮭の特徴は、ほろっほろっと箸でほぐれる身の締り。「昔ながらの味わいは、やっぱり秋鮭ね」と、お褒めいただきます。こんがり焼いた皮がまた美味しい。毎日食べても、一生食べても飽きない、それが秋鮭です。


原材料名:秋鮭(北海道産)、食塩
お届け方法:冷凍を推奨/冷蔵も可



山椒混ぜ絶品フレーク
<材料>焼き鮭(余った鮭でok)、山椒の実の佃煮
<作り方>
1.焼き鮭は、食べ残しで構いません。骨を除いてほぐしておきます。
2.小鍋でほぐし身と山椒の実佃煮を和えながら煎りつけます。






滋味あふれる石狩鍋
<材料>鮭1切れで2人分・だし・味噌・酒粕・人参やゴボウなどの根菜類・三つ葉
<作り方>
1.鮭は一口大に切り分けサッと湯通しする。(鮭の頭で出汁をとると尚いい)
2.根菜類はあらかじめ一口大に切り、湯通ししておく。
3.出汁で鮭と野菜を煮る4.仕上げに味噌と酒粕を加える。5.お椀に美しく盛り付け、最後に三つ葉を飾る。






炊き込み北海鮭飯
<材料>鮭一切れにご飯2合の割合、昆布(10cm)、日本酒少々
<作り方>
1.米を研いで、分量の水に浸しておく時に、昆布を一緒に浸す。
2.ご飯を炊く時に昆布を米の上に乗せ、その上に鮭の切り身を載せ、日本酒をふりかける。
3.ご飯が炊き上がったら、鮭をほぐしてさっくり混ぜる。生姜の千切りなどを加えても良い。





<お客様からのお褒めの声>

●お歳暮に、毎年送られる男性:実家に毎年届けます。これがないと年が越せないと言われて、何十年も送っています。
●お祭りの炊き出しに使われる町会の婦人部様:炊き出しといえばおにぎり。噛みしめるほどに旨味が滲む秋鮭は、おにぎりに欠かせません。リーズナブルですし!
●四十代のご夫婦:私は魚は脂より味というタイプだと思います。毎日のお弁当に、この鮭は欠かせませんし、昆布との炊き込み飯が大好きです。

<この商品を買った方はこれも買っています>

焼海苔 群青北海道産時鮭北海道加工高級紅鮭(10切)
焼海苔 群青
北海道産時鮭(10切)
北海道加工高級紅鮭(10切)

  • 北海道産秋鮭(10切)

北海道産秋鮭(10切)

2,500円(内税)

購入数