カテゴリー

ご予算のめやす

鮭レシピブログ

アカウント

ショッピングガイド

北海道産秋鮭2.5圈弊攷箸波送) ♪1尾で送りたい方に!

北海道を代表する鮭。大衆的・伝統的な日本の味です。
7,500円(税込)
購入数

商品説明


<鮭といったら秋鮭!>

日本では単に「鮭」といったら「秋鮭」のことを指していました!

当店の創業当時、12月ともなれば秋鮭を山に積みあげ、声高らかに「鮭はいかが?」と叫んだものでした。それが築地の暮れの風物詩でもありました。当時は帰郷する方々が土産にと、一尾丸々荒縄で結えて油紙で包んだ鮭を買って帰り、故郷の軒に自慢気に吊るしたそうです。

日本の川に遡上する魚が秋鮭です。当店の秋鮭は北海道産
北海道の川で生まれ、大海に出てオホーツクからベーリング海へ向かい、夏季は北へ、冬季は南へと弧を描くように4〜5年回遊し、大人になって再び故郷の北海道に戻る、これぞ“日本の鮭” です。


天然の鮭をあきらめていませんか?
近年、秋になると毎年のように鮭の不漁のニュースが流れます。
実際、近所のスーパーに行っても天然の鮭は見かけることはなく、海外から輸入した養殖の鮭ばかりが並んでいます。
やたらに脂が強い養殖の鮭ではなく、天然の鮭が食べたいなと思っても、なかなか買えなくなってきているのです。

<天然の鮭なら当店におまかせ!>
しかし、当店は築地で長年商いをしている鮭の専門店です。
豊富で確かなルートから天然の鮭を安定的に仕入れることができています!
この機会に是非、天然の鮭を味わってみてはいかがでしょうか!


【鮭の栄養と効能】
鮭は栄養バランスの優れた魚です!

・アスタキサンチンは元気の素
鮭の身の赤色はアスタキサンチンという色素で、パワーの源です。
アスタキサンチンは、活性酸素の除去と、脂肪の燃焼に効果があるといわれています。
カニやエビの赤色も同じ色素に由来し、鮭はエビの仲間であるオキアミを食べることから、身が赤く色づきます。

・体によい脂が豊富
鮭の効用はアスタキサンチンだけではありません。特にシロザケには、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)といった、魚の脂質に含まれる脂肪酸が豊富です。
EPAは血液をサラサラにしてくれるので生活習慣病予防に。DHAは脳の活動を円滑にするため認知症予防にと、それぞれ効果があるといわれています。

・美肌の素、コラーゲンも!
意外に思うかもしれませんが、市場で鮭を扱う職人の手の肌はつるつるしています!
毎日、冷たい水に手を晒し、凍った鮭をさばいているのに荒れていないんです。
鮭は全身がコラーゲン豊富な皮で覆われていて、扱う人の手をも潤してくれています!


◆鮭を美味しく食べる6つの方法◆

【焼く】
シンプルに焼いて食べるのが定番です!
こんがりした焼き目をつけたいときは、魚グリルかオーブンで。
サラダやフレークなどに使うときには、焼き目がつかないように電子レンジで加熱します。

【フレークにする】
びん詰めで売られている鮭フレークですが、焼いたり蒸したりした鮭をほぐすだけで、簡単に作れます。
お茶漬けや、おにぎりにも!

【スモークする】
スモークチップの香りをつけて香ばしく!
切身を少し厚くした方が、仕上がりが固くなりません。
底が平らな鍋に、スモーク用のチップを敷き詰め、砂糖を加えて軽く混ぜ合わせ焼き網を置きます。
火をつけてフタをし、煙があがるまでは強火で、煙が出てきたら中火にする。
フタをとり鮭を網の上に載せ、またフタをして中火で4〜5分を目安に加熱する。
8割ほど火が通ったら火を止めそのまま1時間くらい余熱で火を通してスモークする。

【すり身にする】
和風ならしんじょ、欧風ならテリーヌと、高級料理に珍重される鮭のすり身。
一度すりつぶしてから再び焼き鮭の形に成型するなどして、介護食としての利用法にも注目が集まっています。
フードプロセッサーに一口大に切った鮭と卵白、生クリーム、白コショウを数回に分けて加えて、拡販します。
クッキングシートを敷いた方に流しいれ、上部をアルミホイルで覆い、蒸し器で15分ぐらい蒸します。

【酒粕に漬ける】
粕漬けに漬けるとまろやかになります。
酒粕に日本酒を加えてなじませてから練り合わせます。
みりんと味噌を加えてまろやかになるまでよく混ぜます。
切身の断面にまんべんなく塗り、1週間ぐらい寝かせて味を浸透させてます。
焼くときは粕をぬぐってからフライパンで焼きます。

【オイルで煮る】
スキレットまたは小さなフライパンに2僂らいの高さまでオリーブオイルを注ぎ弱火にかけます。
にんにく、ローズマリー、粒こしょうを加えて加熱し、一口さいずに角切りにした鮭を入れ弱火のまま10分ぐらい加熱しそのまま冷ます。


鮭を使ってこんな料理もできます!

【ひな祭りのだんだんずし】
ひな祭りのお膳は、小さな女の子の歓声が聞こえてくるような、かわいいフォルムに!
ちらしずしの具に鮭やいくらは定番ですが菱餅になぞらえ、「だんだんに重ねようね」と、一緒に手作りするのも楽しいものです。


【鮭のクネル風バターライス添え】
フランスのクネルは、すり身に生クリームや卵白を加えて茹で、ふんわり仕上げてたはんぺんのような食べ物。
バターライスと一緒にいただきます。



お酒と組み合わせた料理も!

【温燻スモークサーモンのオープンサンド✕スコッチウイスキー】
スコットランドではウィスキーを貯蔵した樽材オークで燻し、香り立つサーモンをスモークするそうです。
オークで燻した香り立つサーモン。その香りだけでもスコッチがすすみそうですが、雑穀パンにたっぷりのせてオープンサンドで。


【にんにく&オリーブ香る鮭アヒージョ✕シェリー】
スペインの代表的な小皿料理、アヒージョにヒントを得て、オリーブオイルで塩鮭をゆっくり煮ます。
お酒はスペイン産のシェリー。
エッジのきいた切れのある辛口の方が、ガーリックテイストの鮭には合うような気がします。




こちらで紹介した料理の詳しいレシピは、当店店主の佐藤友美子が書き下ろした著書
「鮭とごはんの組み立て方(誠文堂新光社)」に詳しく書かれています!
Amazonで好評発売中! 
https://amzn.asia/d/isD3v3F




<お客様からのお褒めの声>

●30年来のお得意様:お寺でお食事を出す折に、使わせていただいています。上品な味わいが好評です。
●九州からお取り寄せいただいているご家族:お歳暮には必ず時鮭が恒例になっていて、こちらでは手に入らない逸品ですので、先様も毎年楽しみに待ってくれています。
●親子でお取り寄せくださる方:父が長年、築地の昭和さんに通っていて、今は私がネットでお取り寄せさせていただいています。天然でこんなに良質の脂がのった鮭は他にありません。